お手頃風俗と高級風俗の違い

風俗は価格差によって明確なサービスの違いを実感できます、大衆向けセレブ向け色々な風俗を体験した男のブログです。

二度目のヘルスで射精

投稿日:2016年5月11日

gahag-0068794402-1ぼっちでヘルスに入る。ヘルス体験はこれで二度目です。最初は緊張して射精も出来なかったので、リベンジというカタチで入りました。同じ女の子だと(射精できなかったので)流石に気まずかったので、女の子の名前をあらかじめ店員さんに聴きました。違う女の子だったので、オッケーして中に入ります。最初の子は長身の美人系だったけど、二度目のヘルスでは身長が低い可愛い系の女の子がやってきました。こっちの方が僕好みだったんで、嬉しかったです。兄妹プレイも可能ということで、雰囲気を出すよう呼称を「お兄ちゃん」にしてもらいました。「お兄ちゃん、扱いてあげるね」といって、まるで初めてペニスに触るかのような初々しい反応までしてくれました。後からわかったことですが、あれは素だったようです。包茎じゃないガチガチのペニスを見たのは初めてだったそうです。今度こそ射精できるよう溜めてきたんですが、それが仇となり一瞬で出しちゃって、別の意味で恥ずかしかった。

挨拶や社交辞令はいらない

ヘルス店員スタッフに好みの女性を聞かれたので、そっけない子と伝えました。ヘルスを始めとした風俗で、向こうから一々コミュニケーションを取ってくる嬢ってあんまり好きじゃないんですよね。コミュニケーション取ってこない嬢がいたら怒る客も多いから、当然っちゃ当然ですが。私に社交辞令は要りません。風俗では、ただ抜いて女の肌を味わえればそれでいいです。そんな私の気持ちを汲み取ってくれたスタッフは、イチコという女を紹介してくれました。イチコさんは私の理想とする風俗でした。挨拶を簡潔に済ませて、すぐに準備に入ってくれます。そして事務的なエッチの始まり。服を脱がしてシャワーを浴びる。でも、向こうはそっけないというより、スタッフに「そういう設定にして」って言われたんだと思います。ところどころ、喋りたくてウズウズしていた節があったような気がします。でも、面倒臭い手順を省いて色んなプレイが出来たので良かったです。最後にちょっと話して別れました。